血湧き肉踊るアクションとスタントの連続、心打つ興奮と感動の熱きドラマ。こんな映画が見たかった!香港映画界のレジェンド、サモ・ハンの最新傑作を連続公開する<サモ・ハンis BACK!>の第2弾は、サモ・ハンがアクション監督として、アジアン・アクションをリードする巨匠ベニー・チャン監督との初のコラボレーションに挑んだ『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』。悪に屈することなく、誇り高く戦う英雄たちの姿を壮大なスケールと最高のオールスター・キャストでダイナミックに描いたアクション巨編です。

1914年、内戦下の中国。団長のヨン・ハックナン率いる自警団に守られ、貧しいながら平和に暮らしていた田舎の村、普城に、各地で略奪と虐殺を続ける悪名高き北洋軍閥の勢力が迫っていた。軍閥を率いるチョウ・イン将軍の息子で、冷酷非情なチョウ・シウロンは、村に単身乗り込むと教師のパク・レンやその教え子を含む3人を容赦なく射殺し、自ら逮捕された。ヨン団長は、会議を開きチョウ・シウロンの死刑を決めるが、そこへ軍閥の将校チョン・イックが現れチョウ・シウロンの釈放を要求する。拒否すれば総攻撃をかけて村民を皆殺しにするという軍閥の要求を、ヨン団長は断固拒否し、徹底抗戦を主張する。だが、村人たちは怯え、村の有力者は要求を呑んでしまう。ヨンは自警団を解散し、妻子や若い団員たちを村の外へ逃がすと、自ら全ての責任を負って軍閥の入村を待った。だが、村へ乗り込んできた軍閥はチョウ・シウロンを開放するや約束を破り、略奪と虐殺を開始する。そのとき、流れ者のマー・フンやヨンの妻ジョウら、正義を貫く者たちが団長を救出するために命を捨てて村に集結する…。

『WHO AM I』『コネクテッド』『新少林寺/SHAOLIN』『レクイエム -最後の銃弾-』…、数々の傑作アクションで世界を唸らせてきたベニー・チャン監督は、念願だったサモ・ハンとの共同作業により、自らのアクション映画愛を全開させ、敬愛する黒澤明監督の『七人の侍』や『用心棒』にセルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウエスタンを足し、香港伝統の武侠映画で掛けたような、アクション映画史に残る熱血と興奮の大傑作を完成させました。サモ・ハンは、この映画で本年度第36回香港電影金像奨最優秀アクション監督賞にノミネートされています。

出演は、流れ者の用心棒マー・フンに『激戦 ハート・オブ・ファイト』、『疾風スプリンター』で人気絶頂のエディ・ポン、正義を貫く自警団長ヨンに『奪命金』、『レクイエム -最後の銃弾-』の名優ラウ・チンワン、悪逆非道な将軍の息子チョウ・シウロンに『レクイエム -最後の銃弾-』、『ドラッグ・ウォー 毒戦』など、いまや香港映画の顔となったルイス・クー、軍閥最強の武術の使い手チョン・イックに『新少林寺/SHAOLIN』、『ドラゴン×マッハ!』のアクション・スター、ウ―・ジン、ヨンの妻ジョウに『ラスト・シャンハイ』、『レクイエム -最後の銃弾-』のユアン・チュアン、教師パク・レンにTVドラマ「最高の元カレ」、『So Young ~過ぎ去りし青春に捧ぐ~』のジャン・シューイン、自警団副団長リウに『SPL/狼よ静かに死ね』、『クリミナル・アフェア/魔警』の名バイプレーヤー、リウ・カイチー、用心棒ワンに『カンフー・ハッスル』、『新少林寺/SHAOLIN』の少林寺出身の格闘技スター、シー・ヤンネン、自警団員チャン・ウーに『燃えよ、マッハ拳!』『ドラゴン・ブレイド』のサモ・ハンの三男サミー・ハンなど、豪華な顔ぶれがズラリと揃っている。

撮影監督は『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』、『疾風スプリンター』のパーキー・チェン、美術監督は『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』、『新少林寺/SHAOLIN』のベン・ラウ、編集は『新少林寺/SHAOLIN』『ライジング・ドラゴン』のヤウ・チーワイ、音楽は『インフェルノ 大火災脱出』、『小さな園の大きな愛』のウォン・キンワイ。エンドクレジットにかかる主題歌「危城(Dangerous City)」を台湾のロック歌手、信(Shin)が作詞作曲し、歌っている。

1914年、内戦下の中国。北洋軍閥の将軍チョウ・インは、武力を誇示するため各地で略奪と虐殺を続け、各地で戦乱を逃れる難民が多数発生していた。
チョウ・インの軍勢に襲われた石頭村で教師をしていたパク・レン(ジャン・シューイン)は、命からがら虐殺を逃れ、親を殺され孤児となった子どもたちを連れて、いとこの住む普城に向かっていた。パク・レンと子どもたちは、旅の途中に立ち寄った食堂で強盗団に遭遇するが、たまたま居合わせた流れ者マー・フン(エディ・ポン)に命を救われる。彼は鮮やかなカンフーを駆使して悪人たちを退治すると、名前も告げずに、愛馬のタイペンに乗って去っていくのだった。

山々に囲まれた田舎の村、普城は、団長のヨン・ハックナン(ラウ・チンワン)率いる自警団に守られ、村人たちが貧しいながら平和に暮らしていた。だが、その村にも各地から非難民が押し寄せ、村人たちは危機感を募らせていた。村の有力者である両替商のリュウは、自警団だけでは心配だと自らの金で山賊まがいの荒くれ者たちを用心棒として雇うのだった。パク・レンと子どもたちはようやくその村に到着し、食堂を営むいとこのティッガウ(フィリップ・キョン)と再会を果たす。さらにタイペンに乗ったマー・フンもその村にやってきた。その夜、マー・フンはパク・レンに、子どもたちをさらに安全な省都に連れて行く道中の護衛を依頼されるが、マー・フンは人助けには興味がないと断るのだった。

翌朝、また1人、馬に乗った男が普城にやってくる。その男こそ、北洋軍閥の中でも最も残忍で冷酷と恐れられているチョウ・イン将軍の息子、チョウ・シウロン(ルイス・クー)だった。単身偵察にやってきたシウロンは、ティッガウとパク・レン、そしてパク・レンの教え子の1人をまるで楽しむかのように射殺し、自ら逮捕された。ヨン団長は、会議を開きチョウ・シウロンの死刑を決めるが、そこへ軍閥の将校チョン・イック(ウー・ジン)が現れシウロンの釈放を要求する。拒否すれば総攻撃をかけて村民を皆殺しにするという軍閥の要求を、ヨン団長は断固拒否し、徹底抗戦を主張する。だが、村人たちは怯え、要求を呑むようにヨンに懇願するのだった。ヨンは仕方なく村人たちの願いを聞き入れると自警団を解散し、妻子や若い団員たちを村の外へ逃がすと、自ら全ての責任を負って軍閥の入村を待った。一方、マー・フンも子どもたちを省都へ送り届けるという、殺されたパク・レンの願いを叶えるべく子どもたちを連れて村を出た。

やがて、村へ乗り込んできた軍閥は、村人がシウロンを開放するや約束を破り、略奪と虐殺を開始、シウロンはヨンをなぶり殺しにしようとしていた。そのとき、ヨンの妻ジョウ(ユアン・チュアン)、団員のチャン・ウー(サミー・ハン)、そして子どもたちを安全な場所に送り届けたマー・フンらは、ヨンを救出し、悪の軍閥と戦うために村に戻ってきた。彼らは軍閥の宿営地に爆薬を仕掛けると、軍閥の不意を付いて逆襲に転じるのだった…。

PAGE TOP